概要

AYFフェローシップは、淡路島にある淡路ユースフェデレーション「まなびの郷」での1年間の住み込みの社会人インターンシップである。日本の職場のニーズが反映された多文化な環境と、柔軟に構成された刺激的な「Learning by doing」のカリキュラムの中で、選ばれたフェローが挑戦し、個々の能力を磨く機会を提供します。


AYFは、「Be the Change You Wish to See」 という理念のもと、パソナグループの傘下で、社会の課題を持続的に解決するための活動を行っています。AYFフェローは、淡路島という地域密着型のコミュニティで、グローバルな視点を持つことができる特別な機会です。

フェローシップ
テーマと構成

AYFは、その全体的な使命を反映し、フェローシップの活動として4つの主要なテーマを選択。

Social Entrepreneurship

リーダーシップ

Innovation

イノベーションと
アントレプレナーシップ

Regional Revitalization

地域活性化

International Relations

国際関係

AYFフェローシップは、3つの要素で構成され、互いにリンクし、サポートし合っています。

Lectures

講義

Challenges

ワークショップ

Projects

プロジェクト

講義

フェローは、AYF2022のテーマや目標に精通した著名な専門家によるレクチャーを定期的に受けられるという特典があります。過去には、起業家、国際的な思想家、国連などの国際機関の代表者、日本の産業界の著名人などが講師を務めました。

講義は、フェローシップの他のプログラムと連携して企画され、フェローに知的刺激を与えるだけでなく、チャレンジやプログラムを成功させるために必要なスキルを補強することを目的にしています。

Lectures

ワークショップ

Challenges

AYFフェローは、日本の淡路島という場所にいる希少なグローバル人材として、日本企業、政府、NPO等から淡路ユースフェデレーションに提示される「クリエイティブ・チャレンジ」という形で、ワークショップ形式の具体的な問題解決を行う機会を得ます。

各チャレンジは、AYFの活動テーマに沿って選定され、講義で学んだことを実践する機会となります。チャレンジスポンサーの代表者がAYFを訪問し、問題の説明、成功したチームへの報奨金の概要、そしてチャレンジの開始を説明します。


フェローは、多様なバックグラウンドやスキルを最大限に活かすため、少人数のチームに編成され、決められた期間内に各チャレンジの解決策を導き出すことが求められます。フェローは、AYFグローバル・コミュニティのメンバーを含む、さまざまなリソースを自由に活用することができます。


また、各フェローは、個人またはグループで設定されたチャレンジに応募したり、独自に作る個人のチャレンジに取り組むことも可能です。これらの活動には、フェローシップの目標に全体的に合致していることを確認するための承認基準が設けられており、定期的な進捗確認が行われます。

プロジェクト

AYFフェローシップは、ワーキングインターンシップとして、AYFおよびパソナグループの成果を推進・実現するための取り組みの支援・開発・創造に、複数のコア領域で関わっていきます。


プロジェクトは、フェローの興味や活動、チャレンジやレクチャーシリーズへの参加などを考慮し、可能な限り分担し、全体的なシナジーを生み出すことで、時間と労力を最大限に活用することを目指します。


プロジェクトは、以下のような内容を含みますが、これらに限定されるものではありません。

AYF Academy

AYFアカデミー

社外向け研修・能力開発

AYF Global

AYFグローバル

AYFオンラインプラットフォームのためのネットワークとコンテンツの開発

YUNGA Japan

YUNGA Japan

YUNGA Japanの拡大・普及を支える仕事です。

Regional Revitalization on Awaji Island

淡路島における地域活性化

パソナグループ内の特定のプロジェクトや業務への参画

メンター

各フェローには、AYF事務局スタッフ(AYF修了生を含む)の中から、1年間を通して相談相手や個人的なガイドとなる専属のメンターが付きます。


また、カリキュラムの一環として、フェロー同士のメンタリングやスキル共有のセッションも企画・進行されます。さらに、より専門的なアドバイスが必要な場合には、業界の専門家であるメンターが待機しています。

Mentorship

卒業後の
進路

AYFフェローシップは、参加者が自分のスキルや興味を試し、自分の快適な領域(コンフォートゾーン)から出て挑戦するためのユニークな機会を提供します。新しい国、新しい文化、そして世界中から集まったAYFフェローに囲まれ、フェローは時間をかけて自分自身を再発見する機会を得ます。


AYFは、日本との永続的な関係を築きたい人にとって、洞察力、経験、そして何より、淡路島や日本の他の場所でキャリアを積むための前提条件となる語学力を養うための完璧な手段です。


AYFフェローは、自らのキャリアを計画し、目標達成に一歩近づくための踏み台として、AYFを有効に活用することが奨励されています。

卒業後の進路としては、以下のようなものが想定されます。

  • 国内・海外の日本企業の就職
  • 起業家として事業の立ち上げ
  • ソーシャルビジネスに携わる組織へ就職
  • 日本の政府機関で働く、またはインターンシップ
  • AYFで得た新たなスキルをもとに、さらなる研鑽を積む
  • 国際機関でのインターンシップ

AYFフェローシップのカリキュラムに定期的なキャリアカウンセリングを取り入れ、フェローが自分の目標を明確にし、その達成に向けて積極的に行動できるよう支援します。

日本語
言語

Japanese Language

日常生活での日本語学習・サポートに加え、日本語オンライン学習を有料サポート

ご興味のある方は、AYF事務局までご相談ください。

資格
必須

  • 学士または修士号取得者
  • TOEIC800点またはそれに準ずる英語力(非ネイティブの場合)。(スピーキング、ライティングともに流暢であること)
  • 日本語能力(JLPT N1〜N3取得者優遇)
  • 社会の課題解決に取り組み、プロジェクトに貢献すること。
  • 勤勉、自律、他人への配慮という価値観を共有
  • 柔軟(flexibility)、忍耐力(perseverance)、復元力(resilience)
  • アイデアを具体的な行動に移す能力・行動力

コスト
条件

AYFフェローシップは、フェローが日本滞在中に経済的な負担を負うことなく、スキルや能力を向上させることができるように設計されています。AYFフェローとして、株式会社パソナグループと雇用契約を結び、以下の待遇を受けながら、手数料や税金等をパソナで処理します。採用された場合、往復の旅費は自己負担となります。

以下は、前回までの財務内訳です。

  • 1. Stipend JPY 70,000
  • 2. Government fees and taxes covered
  • 3. Program, Accommodation & Meals covered
  • 1. 5 days a week of working & learning
  • 2. 10 days of paid leave available six months into the Fellowship
  • 1. Individual room in either Japanese or Western style
  • 2. Utility costs such as electricity and Wi-Fi are included
  • 1. Although AYF attempts to accommodate Fellows with food allergies, special dietary needs or those following religious dietary practices including Halal diet, the dishes we provide are general buffet style.

アプリケーション
タイムライン

2022年は、ローリング・アドミッション方式で募集します。AYF Globalに入会すると、応募フォームにアクセスできるようになります。

2022年フェローシップの募集は、概ね以下のスケジュールで行われます。募集開始後、応募フォームがオンラインで公開されます。

以下のスケジュールは、海外在住の方のためのものです。既に有効なビザを取得して日本に滞在している場合は、別のプロセスになります。

  • 01

    11月1日

    募集開始

  • 02

    12月31日

    海外候補者応募締切

    クローズド

  • 03

    12月~1月

    インタビュー / over skype

    一次面接を通過後、二次面接

  • 04

    2022年1月

    COEとビザ

    入国・就労のための必要な諸手続

  • 05

    2月7日

    日本在住者応募締切

    選考の上、順次連絡

  • 06

    2022年6月

    フェローシップ開始